革靴やローファーなどの靴擦れで足やかかとが痛い時の対処方法、防止策

【革靴を10年長持ちさせるお手入れ方法】

今回は【 靴擦れができてしまうシューズの対応方法 】を詳細に渡りご説明します。カカトなどが擦れて血が出たり、親指や小指などが水ぶくれになった場合の具体的な対策をお伝えしています。靴擦れに対して役に立つ内容が必ず含まれていますのでじっくりと最後まで読み進めて行ってください。

一生モノの最高級靴べらブランド【ABBEY SHOE HORN】携帯にも最適な長さのイングランド製

靴べら
abbey-shoe-horn

アビィホーン社はイギリスで1749年に創業した老舗です。269年にも渡って受け継がれてきた技術にて天然素材の角を使用し、製品を手作りで製作しています。世界中で高い評価を受けるシューホーンは全て一点物で同じ表情の物がなく、とても魅力的なお品です。手頃なお値段でイギリス製の最高級製品となりますので大切な人へのプレゼントとしても最適です。今回は水牛の角製品のお手入れ方法も併せてご紹介しています。

親指や甲が革靴に噛まれたりシワが当たって痛い時の原因と対処方法

【革靴を10年長持ちさせるお手入れ方法】
aristocraft-captoe

革靴を履いていると歩いた時のシワが足の甲や親指などに当たって痛みが発生する事があります。これは「革靴に噛まれる」と呼ばれる現象です。最初はそのような痛みがなかったとしても履いているうちに痛みが出る事もあります。今回は革靴を履いて痛みが生じた時の対処方法をお伝えしていきます。

シューキーパーの素材は木製がいいのか?シューツリーの選び方 おすすめはサルトレカミエ

【革靴を10年長持ちさせるお手入れ方法】
shoe-keeper

革靴を長持ちさせ、いつまでも愛用して頂く上で注意するべき最も大切な2つの行動があります。一つは【 同じ靴を毎日続けて履かない事 】です。そして、もう一つが【革靴にシューキーパーを入れる事】になります。今回はこのシューキーパーについて詳しくお話しています。

【発想の転換】馬毛ペネトレイトブラシの意外な活用方法!おすすめの使い方 【豚毛】との違い

ペネトレイトブラシ
horsehair-penetrate-brush

馬毛のペネトレイトブラシを使って、コードバンの長財布やヌメ革の小物などをお手入れするとたくさんのメリットがあります。簡単にクリームを塗り広げる事が出来ますし、柔らかい毛足のブラシを使用する事で傷をつける事がありません。今回はおススメのクリームや使用方法などと共に意外な活用方法について詳しくご紹介しています。

ページの先頭へ